ガジェットのiPhoneに求めること

新製品の発売が今か今かと騒がれているガジェット機器のiPhoneですが、そのiPhoneに筆者が求めることは3つあります。
それは通信速度の速さ、スムーズな操作性・画面の見やすさです。

通信速度の速さについては無線LANなどの付属品の性能も大切ですが、やはりiPhone自体に求められる速度というものもあります。

通信速度が遅いと、せっかく調べようと思っていたことも熱が冷めてしまいますからこれは重要です。

サイトの閲覧などがスムーズだと仕事をする速度も上がりますし、自分自身のやる気も上がる気がします。
なので通信速度は第一に考えたいところです。

それにつながるものがありますが、操作性も大切です。

iPhoneのタッチパネルのスムーズさは当初から話題になっていました。
筆者としては今でも十分すぎるほど感度が高くなったと思っていますので、現状を維持してくれると満足です。

もしかするとこれからもっとスムーズに操作出来る機体が出てくるのかもしれませんが、それはそれでどのようになるのか楽しみです。

最後に画面の見やすさですが、iPhoneは最近タッチパネル部分が大きくなった商品を発売しました。
最初はちょっと大きめかな、とも感じていたのですが、見慣れるともう以前の画面の大きさには戻れませんね。

新製品がどういうものになるのか予測しているサイトもあり、それを見ているだけでも夢が膨らみそうです。

筆者は暫くは買い替える予定はありませんが、新しいiPhoneが出たら心を揺さぶられるかもしれませんね。

関連情報