iPhoneというガジェットの優位性

iPhoneは他のスマートフォンとは機能的に見ても、とても優れたガジェットです。

特にここ最近、iPhone4、5となり進化は目を見張るものがあります。
他社のスマートフォンも以前よりも格段に進歩はしています。
しかしiPhoneと比べてしまうと、どうしても見劣りしてしまうのです。

一度iPhoneを使ってしまった人は、もうiPhone以外の使用は考えられないでしょう。

iPhone登場後、スマートフォンの普及は急激に広がりました。
というのもiPhone以外のそれまでのスマートフォンがとても使いづらいものだったからです。

まず小型化の一途を辿っていた携帯電話の中で、初期の携帯電話のような大きさが問題となりました。
電話をしずらいという、本来の目的である電話の機能が使いにくかったのです。

また処理速度が遅く、読み込みは重たいといった問題も多くありました。
そこに登場したiPhoneはとても画期的でした。
従来のスマートフォンとは比べものにならないほど小型で、デザインもスマートでした。
驚くのは情報処理の早さと、そのグラフィックの綺麗さでした。
指の動きに合わせ、サクサクと情報を読み込みますし、高性能のデジタルカメラと遜色がないような写真が撮れ、綺麗な画像を見ることができました。

iPhone登場後、他のメーカーもiPhoneの技術を真似て、スマートフォン自体がだいぶ進化し普及しました。
しかしiPhoneを真似た機種は、どうしても細かなところで不具合がでたりと問題があります。
勝手に電源が切れたり、誤操作が度々報告されています。
そういった話を聞くたびに、改めてiPhoneの技術に感服させられます。

関連情報