時代の先端を行くiPhoneというガジェット

先を行くiPhoneというガジェット

モバイルのガジェットはAndroidとiPhoneの一騎打ちが続いています。
AppleのiPhoneという巨大なブランドに、Androidが何とか追いつき追い越そうとしている様は、関係者じゃなくとも目に見えてわかります。
特にここ数年のAndroidの躍進は目を見張るものがあります。
しかしAndroidが何年もかかり試行錯誤してもなお追いつけないものを、数年も前にAppleが既に発表しているという事実には感嘆せずにはいられません。それだけiPhoneは素晴らしいガジェットなのです。

iPhoneの登場で、モバイル端末の流れが大きく変わりました。
iPhoneが単なるオシャレなガジェットにすぎなかったら、この流れは一時的なものに過ぎなかったと思います。
しかしiPhoneはスマートなデザインに負けないくらい、技術的にも素晴らしいものを見せてくれました。

iPhoneを一度使ってしまうと、もうAndroidには戻れないと思います。
まずiPhoneの魅力はスクロールの絶妙さにあると思います。
Androidのスクロールもよく動くのですが、よく動きすぎるのが問題です。

目的の箇所を勢い余って通り過ぎることもしばしばです。

それに対しiPhoneのスクロールはちょうど良いところ、自分が思ったところに止まってくれるのです。

またこの手のガジェットの魅力は手をかざすことで、ページの切り替えが行えることですが、iPhoneのサクサクと動くデータ処理の早さを一度体験してしまうと、Androidのそれはストレスを感じるレベルです。

このようなiPhoneですがAndroidに無いものもあります。
たとえば防水機能です。

Appleのデザイン重視の理念上、iPhoneにはこれからも防水機能は備わらないでしょう。またメモリーカードの接続ができないのもiPhoneの問題です。

携帯電話のお財布機能などもiPhoneにはありません。Appleは昔から他社との相互性を認めません。ですのでこれらの機能はこれからもiPhoneに備わることはないのでしょう。そのことがiPhoneの弱みともとれますが、Appleの考えでは、これが決してマイナスな材料ではないのだと思います。
必要のないと思う機能を削ぎ落とし、必要な機能を高めるのがAppleですし、そういう自社の強い理念がAppleのこれまでのブランドを築き上げ、その結果生まれたものがiPhoneなのです。

そういった意味でも、紆余曲折しているAndroidはまだまだiPhoneには届かないでしょう。